新着のお知らせ|腰痛・肩こりに。和歌山市のカイロプラクティック【辻本カイロプラクティックオフィス】

新着のお知らせ

m(_ _)m

2016年02月12日
すみません。

HPの更新、忘れてました。

取り急ぎ、オフィスのお知らせボードより、
【糖質の摂りすぎ】です。

 老化促進の要因として最近、注目が集まっているのが、「糖化」と呼ばれる現象だ。糖の取り過ぎが、肌のくすみから動脈硬化や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、ED(勃起不全)、そして認知症までも引き起こすといわれるのはなぜだろうか。
 糖の取り過ぎによる害は、肥満にとどまらない。昨今、予防医学の世界では、過剰な糖質が引き起こす「糖化」に注目が集まっている。

 糖化とは、体内のたんぱく質や脂質と糖とが結びつき、変性すること。「筋肉や血管などの人の体の大部分は、たんぱく質からできています。これを変質、老化させる犯人が糖質。食事で糖を取り過ぎると、エネルギー源として代謝されずにたんぱく質と結合し、老化が加速してしまうのです」と同志社大学大学院教授の米井嘉一さんは指摘する。

 糖化のメカニズムを、ホットケーキを例に説明しよう。卵と牛乳(たんぱく質)に、小麦粉と砂糖(糖)を混ぜて焼くと、焼き色が付く。「これは食品が茶色くなる『メイラード反応』。糖化は、たんぱく質と糖が体温で焦がされ、褐色の物質に変性するメイラード反応の一種です。ホットケーキと同じように、体内の細胞が焦げついていると思ってください」(米井さん)。

 たんぱく質と糖質とが結合すると、AGEs(終末糖化産物)という褐色の老化物質ができる。
 体内の「糖化現象」は、まず血中で起こる。糖を取り過ぎると、血中に余分な糖が増え、赤血球のたんぱく質・ヘモグロビンと結合し、AGEsが発生する。糖化したヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割を果たせなくなり、体中の細胞が低酸素状態に陥って、新陳代謝が低下していく。
 これが進むと、体内のあらゆる部位にあるたんぱく質の一種、コラーゲンにAGEsが発生する。すると血管の内側が傷つき動脈硬化になり、ひいては心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の原因に。また、毛細血管が詰まりやすくなるので、ED、糖尿病網膜症、脳なら認知症にもつながる。さらに骨にも大量のコラーゲンがあるので、骨粗鬆症の原因になる...と、全身の病気に「糖化」は関わるのだ。
 肌のくすみ、たるみやシワも、肌の表皮の下にたまったAGEsが起こす。「肌の色が茶色っぽくくすむのは、褐色のAGEsが皮膚にある証拠です。最近、肌が急にくすんだ、という自覚がある人は、体内も同じように焦げついていると考えていいでしょう」(米井さん)。

【血中でヘモグロビンが「糖化」すると... → 全身が老化する】
 ●肌がくすみ、弾力がなくなる
 ●血管が傷んでくる
 ●太りやすくなる
 ●動脈硬化が進む
 ●認知症になりやすくなる
 ●がんになりやすくなる

 もし「痩せていて、血糖値も高くないから、糖化は無関係」と思っているなら、認識を改めるべきだと米井さん。「健康な人でも、食後は血糖値が上がって血中に糖があふれてAGEsが作られやすい。しかも、AGEsは年齢とともに代謝されにくくなります。普段からAGEsが蓄積されにくい生活をしていれば、若々しさや健康を長く維持できますよ」(米井さん)。

 糖化を防ぐには、食後血糖値を急上昇させない習慣が肝要。野菜→タンパク質→主食の順に食べる「ベジファースト」などを積極的に実践しよう。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83393400Z10C15A2000000/

TEL:090-9995-7020/お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • 施術案内・料金
  • 患者様の声
  • カイロプラクティックについて
  • 当院のご案内
  • お問い合わせ
  • リンク集

Information

辻本カイロプラクティックオフィス
〒640-8435
和歌山県和歌山市古屋84-6
カイロプラクティックによるお一人お一人の症状に合わせた施術をおこない、肩こり・腰痛・頭痛・首や背中の痛み・ヒジやヒザの痛み・めまい・耳鳴り・生理痛などの症状改善を致します。症状にお悩みの方は、是非一度、和歌山市【辻本カイロプラクティックオフィス】までお問い合わせ下さいませ。
【受付時間】9:00~20:00
【定休日】火・水・金・日
TEL:090-9995-7020
お問い合わせはこちら

ページの先頭へ